内窓DIY PR

【色や性能の違い】内窓2強インプラスとプラマードUを比べてみた!

どちらがいいの?
本サイトはプロモーションが含まれています

内窓のメーカー選びで悩んでいませんか?

どうせ付けるのなら一番コスパが良いものを付けたいその気持ち、私も同じです。

実はメーカーによって性能の差が極端に変わるわけではありません。なぜなら施工技術で気密をとることにより内窓の効果は最大限発揮されるからです。

年数の経過した家の窓枠は多少なりともゆがみが発生していることが多く、技術の差が出てくる要因になります。

>>私が実際に内窓を取り付けて失敗した記事はこちら

しかしメーカーによる特徴もあるので、人気のLIXILのインプラスとYKK APのプラマードUの内窓両方を付けている私が画像を交え違いを解説しました。

結論は内窓の性能は施工者の技術で変わってしまうので、ご自身で付けるのでなければメーカーで選ぶのではなく信頼できるお店や業者で選びましょう。

まさかまさお

やはり内窓は2強といって良さそうです

内窓と二重窓は同じ意味です

内窓のメーカーはどこが良い?

二重窓の効果
内窓(二重窓)設置で抜群の保温効果/YKK AP ショールームにて撮影

比較は性能値でするべき

内窓のメーカーのおすすめや口コミなどで検索しますと、どこが防音が良いとかあそこは気密がダメだとか色々ご意見が見受けられます。

同じ場所の窓に全部のメーカーの内窓を入れ替えて検証してみたというのであれば誰もが納得ですが、そうではないので客観的に見ても不毛な議論と言わざるを得ません。

自動車のメーカーもエアコンのメーカーもうちが一番性能が良くて快適だと言いますよね?

カタログの後ろのほうに小さく載っている見えにくい数値が真実を表しているはずなのでそちらに着目しました。

窓のサイズや中間空気層の数値が違うのでそこは注意が必要です

内窓メーカーごとの性能値

※断熱性能は使用するガラスにより変わるので記載しませんでした。

ガラスの違いによる熱貫流率の違いについては別記事で取り上げました。

>>Low-E複層ガラスとは?種類や色と見分け方、デメリットも解説!

メーカー名称気密性能遮音性能
LIXILインプラスA-4等級T-4等級
YKK APプラマードUA-4等級T-4等級
三協アルミプラメイクEIIA-4等級T-4等級
大信工業プラストA-4等級T-4等級
AGCまどまどA-4等級T-4等級
※引き違い窓/使用のサイズや中空層など各メーカーで異なります

上の表をご覧いただくとわかるようにどこのメーカーのどの商品が格段に性能が違うとは言えません。ですから極端に性能が良いとうたっている記事などはバイアス(思い込み)がかかっていると見て良いでしょう。

※ただし、内窓プラストは最大12㎜の防音合わせガラス・ソノグラスでも対応できるよう下枠が丈夫に設計されています↓↓

何が違うの?内窓プラスト
【内窓プラストの違いは?】窓リノベしたい人に特徴やデメリットを解説内窓プラストについて知りたいかたは必見。 実際に内窓インプラスやプラマードUを使っている私が消費者目線で違いを解説しました。 実は内窓プラストは構造が他とは異なります。 この記事を読めば違いや特徴、デメリットもわかります。...

年数の経過した家の窓枠は通常ゆがみが発生していますから、対応できるスキルをもった施工者がいることが何より重要だと考えます。

取付時の比較:インプラスとプラマードU

上枠取り付け
インプラスの上枠取り付け

縦の枠レールのネジの数が異なる

縦(左右)の枠レールを取り付ける際インプラスは1列のみネジどめしますが、プラマードUは2列になります。

通常はあまり気にならないですが>>出窓など枠が石膏ボードの場合大きい穴を倍開けないといけなくなるため、注意が必要になります。

インプラス縦枠
↑インプラスの縦枠はネジ1列
プラマードU縦枠
↑プラマードUの縦枠はネジ2列

横枠(上下)はどちらも1列です

プラマードUにはマンション仕様のふかし枠がある

マンションに内窓をつける際、必要な窓枠の有効寸法が足りない場合が多く、そのふかし枠が別途必要になります。

>>有効寸法についてはこの記事で解説

これまではふかし枠の下に補強部材をつけなければならず、見た目が良くありませんでした。(下の画像参照)

「マンション用 ふかし枠50」はふかし枠の中に補強が入っているので見た目もスッキリで違和感も軽減されます。

reinforcement-components
通常仕様のふかし枠(赤矢印)と補強部材(青矢印)/YKK APショールームにて撮影

インプラスにはゆがみ枠対応のアジャスト上枠がある

通常枠の各辺たわみの許容は±1.5㎜までですが、引き違い窓のみインプラスは別売のアジャスト上枠を付ければ上枠のみ許容が±8㎜になります。

これまでは隙間の調整は平板を使ったりコーキングで塞いだりでしたが、これなら古いお家でも安心施工できます。

アジャスト上枠は引き違い窓以外のタイプやインプラスfor Renovationには使用できません

色と仕様の比較:インプラスとプラマードU

インプラスカラー
インプラスのカラー/LIXILショールームにて撮影
プラマードUカラー
プラマードUのカラー

枠の色の違いとダストバリア仕様について解説

インプラスの枠
↑インプラスのホワイト
プラマードの枠
↑プラマードUのホワイト

どちらもほぼ似たような6種類のカラーのラインアップですがホワイトが色味が違います。

  • インプラスはクリーム色に近いホワイト
  • プラマードUは黄色味がないホワイト

という感じですが、両方付いている我が家ではどちらも違和感がありません。

インプラスには特許取得のダストバリア技術が使われていて、ほこりや汚れがつきにくいそうです。確かに設置後2年経ちましたが汚れは目立たない気がします。

しかしうちのプラマードUは10年以上経過して同条件ではないため比較はしませんでした。

インプラスの浴室仕様の「プレシャスホワイト」はダストバリア仕様ではありません

インプラスには高級仕様がある

せっかく内窓リフォームをするのだからオシャレにしたい。

そう考える方にふさわしい内窓がインプラス for Renovationです。

4種のモダンな枠カラーと3種のデザインガラスで部屋のイメージを一変させてくれます。

値段はそれなりにするのでこだわりのあるかたは要チェックです

プラマードUは戸先錠仕様にできる

戸先錠
戸先錠の画像/YKK APショールームにて撮影

プラマードUは引違い窓は特許取得済の戸先錠が選べます。窓を閉めると自動的にカギがかかるので便利。

※テラスタイプは締め出しを防ぐため自動施錠ではありません。

戸先錠仕様にすると気密性の等級が通常のクレセント仕様より下がるので注意が必要です

Low-Eガラスはそれぞれ色が異なる

Low-E複層ガラスの色が付いているタイプを選択する場合、ブロンズを除くと

  • インプラスはLow-Eグリーン
  • プラマードUはLow-Eブルー

になります。

1F北東窓
インプラスのLow-Eグリーン
Low-Eガラス
プラマードUではなくトリプルガラスですが右端がLow-Eブルー/YKK APショールームにて撮影

>>Low-Eガラスで後悔しないようメリットデメリットや見分け方を解説!の記事で解説している通り、内窓のガラスの色はそれほど重視しなくて良いと思います。

格子デザインの選択肢の違い

格子デザインの違い/YKK APショールームにて撮影

和室の障子の代わりに格子デザインの内窓を選ぶことができます。

プラマードUは上の画像のように

  • 荒間格子
  • 横繁吹寄格子

の2つから選択が可能。

インプラスの格子デザインは

  • 荒間格子

のみの選択となります。

ペアガラスにするとガラスの間に格子があるので掃除の手間要らず

使用時の比較:インプラスとプラマードU

インプラスの錠
インプラス・キャラメルウッドGのクレセント錠

引手の違いについての比較

インプラス引手
↑インプラス引手

インプラスの引手は指を数本入れて開閉するタイプ。操作性は普通に開閉するには十分。テラスサイズのみ大きなL型引手も選択可能です。

plamard-puller
↑プラマードU引手

戸先錠ではないプラマードUの引手はくぼんだ部分に指をかけて開閉するタイプ。

中心に近いところであればどこに指をかけてもスムーズに動くので印象は良い。テラスタイプのみ大型の引手が付きます。

クレセント(錠)の違いについての比較

inplus-crescent
↑インプラスのクレセント:ごく一般的な錠です
pramerd-crescent
↑プラマードUのクレセント:赤矢印→空かけ防止機構が付いている
pramerd-crescent2
↑プラマードU:空かけ防止がクレセント受けに当たった後に施錠

クレセント受けについての比較

インプラスクレセント受け
↑インプラスクレセント受け:ごく普通
プラマードクレセント受け
プラマードU:ネジを隠すカバー付き

あまり気にしない部分ですがクレセント受けカバーはプラマードUが見映えが良いです。

なんとこのカバーの部分に特許を取っています。

内窓を閉めた状態での比較

インプラス閉める
↑インプラスを閉めた様子
プラマード閉める
↑プラマードUを閉めた様子

それぞれ同じ感じでクレセントを閉める時にパッキンによって気密が取れるのが目視でもわかります。良い仕事しています。

まとめ:内窓はメーカーではなくお店(業者)で選ぼう

この記事では内窓の人気2社(LIXIL、YKK AP)の色や性能などの特徴について解説しました。

あわせて「取付時・色と仕様・使用時」それぞれの比較を画像を交えご紹介しました。

内窓は各社それぞれ特徴がありますが基本は付けるガラスの種類により性能が大きく変わります。

寒い部屋の内窓には複層(ペア)ガラスがおすすめです

自分で取り付けるのであれば好みのメーカーの内窓を注文すれば良いですが、業者にお願いするのであればそちらの付き合いが深いメーカーが価格を考慮すると良いでしょう。

肝心なのは正確に採寸ができ、開口部のゆがみに対応できる技術や経験のある施工者のいるお店を選ぶことです。

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

内窓にも使える過去最高の補助率50%の高断熱窓リフォーム制度が始まりました!

早い者勝ちですのでぜひこの制度を活用して、快適ライフを実現してください。

>>【外窓・二重窓の補助金】2024年先進的窓リノべ⎪最新の状況を解説↓↓

完全解説
【外窓・二重窓の補助金】2024年先進的窓リノベ⎪最新の状況を解説先進的窓リノベ2024事業を知りたいかたは必見。 この記事では昨年度も年間を通して発信してきた私が窓リフォームの補助金の最新の状況について解説しました。 実は今過去最大級の補助が窓などで受けられるチャンスです。 この記事を読めば最適な窓リフォームを実現できます。...

絶対にDIYで内窓を取り付けたいかたは

内窓DIYセット

ネットで内窓を注文することもできますので一例を下に貼っておきました。

内窓はサイズもそうですが使うガラスの種類によっても大きく金額と性能が変わりますので、そこも注意しなければいけません。

>>私が実際に自分で内窓を取り付けた記事のまとめはこちらになりますので、そこから各記事をご覧になってください。

DIYで取り付けると色々気をつけないといけない点があります。

  • 補助金を使うことができない
  • 採寸を間違えないように行う
  • ガラスの種類やサッシの色等各種仕様を決める
  • ネットで注文する場合は送料にも注意が必要

などありますが、試しにまず1箇所取り付けてみて効果を実感してみるのも良いと思います。

ネットで販売されている内窓のごく一例です↓↓

最後までご覧いただきありがとうございました。